安心してくらせる住みよい千葉市をつくりましょう
日本共産党東京都議会議員団

【コロナ第23次申入れ】発熱外来センター整備や検査キット配布求める!


 8月9日、日本共産党千葉市議団は、神谷市長宛の新型コロナ対策強化を求める第23次の申入れを実施しました。

 新型コロナ感染者数急増に伴い、発熱外来の受診ができない、救急困難事案の急増など、必要な市民が医療を受けられない緊急事態となっており、市民の不安が高まっています。市長からコロナ対策強化メッセージを市民に発信し、検査や医療を受けられるように対策強化すること含め、以下要望します。

                記

1.両市立病院において発熱外来対応を強化すること。また、市医師会とも連携し、一時的な発熱外来センターを開設するなど、オンラインも含めて受診・検査・陽性登録を行える体制を強化すること。

2. 千葉市無料PCR検査事業はネット環境のない高齢者の申請も対応できるよう電話窓口を開設すること。また、1日の対応件数の引上げと8月以降も実施できるよう延長すること。

3.発熱等症状のある市民が自宅で検査できるよう検査キットを公共機関等で配布するなど、検査できない市民を解消すること。

4.救急搬送困難事案が急増しているため、救急における状況を情報周知して適切な運用を呼びかけること。また、救急隊の増隊含めた対応強化を図ること。

5.感染リスク高いなかで従事している医療従事者・介護従事者・救急隊員・保育士や幼稚園教諭など慰労金を支給すること。

6.自宅療養者が急増しており、食料等早期に配送できるよう対応を強化するとともに、発熱者等が栄養をとりやすいメニューに改善すること。

7.コロナ禍で在宅が増えるなか、電気代が高騰しているため、生活困窮者等への電気代支援を緊急に行うこと。

  • 千葉市
  • 千葉市議会
  • 過去の千葉市議団ホームページ
  • JCPサポーター
  • 共産党のキホンのキホン
  • 日本共産党国会論戦MOVIE

ページTOPへ