安心してくらせる住みよい千葉市をつくりましょう
日本共産党東京都議会議員団

千葉市に対し統一協会関連団体への後援等を行わないよう申し入れました!


 23日、日本共産党千葉市議団は、千葉市が2018年、2019年に統一協会関連団体へ祝電・後援を行っていたことを受け、今後は後援等を行わないことや市民や議会に説明することを求めました。

  2022年8月23日

千葉市長 神谷俊一 様

日本共産党千葉市議会議員団 

統一協会関連団体等に対して後援等を行わないよう求める申入れ

 日頃より、市政の発展にご尽力感謝申し上げます。

2019年10月に開催した「パラグアイ・レダ開拓二十周年記念式典」に、当時の市長である熊谷俊人氏や千葉市議会議長の岩井雅夫氏の祝電対応が明らかになりました。この式典は、一般社団法人南北米福地開発協会が主催であり、この団体は、文鮮明・韓鶴子総裁夫妻が創始者とホームページに明記してある統一協会の関連団体であることは明白です。

 さらに、8月10日付東京新聞で千葉2区の小林鷹之衆院議員が、統一協会の関連団体が主催するイベントである「PEACE ROAD2021 in千葉」に参加したことが報道され問題となっていましたが、千葉市も「PEACEROAD2018 in JAPAN千葉」のイベントに後援をしていたことも明らかになりました。

統一協会は単なる宗教団体ではなく、霊感商法や高額献金を繰り返してきた反社会的カルト集団であるなか、地方自治体や政治家が参加、関与することは同会へのお墨付きを与え、被害を拡大することにつながるとして社会問題になっています。そのため、本市が祝電や名義後援した経過を明らかにし、市民と議会に真摯な説明を行うこと、今後はイベントの内容だけで判断するのではなく、その主催者が反社会勢力であるのかどうか、きちんと内容を精査して対応すべきです。

1.過去の統一協会関連団体や反社会的団体への祝電や後援等の関与について速やかに調査を行い、市民や議会に説明を行うこと。

2.霊感商法被害等をこれ以上拡大させないためにも、今後は統一協会関連団体や反社会的団体への祝電や後援等の関与を行わないようにすること。

 なお、千葉日報や千葉テレビが市議団の取組みを報じています。

【速報】千葉市、旧統一教会系団体イベントに後援・祝電 18、19年に

https://www.chibanippo.co.jp/news/national/968558

千葉市に対し旧統一教会関連団体に後援等しないよう申し入れ 共産党千葉市議団

https://www.chiba-tv.com/plus/detail/20220869011

  • 千葉市
  • 千葉市議会
  • 過去の千葉市議団ホームページ
  • JCPサポーター
  • 共産党のキホンのキホン
  • 日本共産党国会論戦MOVIE

ページTOPへ